スカートは組み合わせが簡単

見た目や着心地の工夫

洋服

ミニスカートは、女性のファッションの中でも長い人気を誇るスタイルです。そのファッションスタイルの歴史は古く、日本でも海外から入ってきた直後に大流行をした時代もありました。それから流行は進化していき、今でも特に若い世代から支持されています。落ち着いた年齢になっても、ミニスカートの下にタイツなどを履けば、生足を見せなくても楽しめる工夫ができます。このようにミニスカートは女性らしさの象徴として、女性だけでなく男性からも幅広い支持があります。ミニスカートは派手な印象を持つ人も少なくありませんが、モノトーンの柄やタイトなデザインなども豊富にあります。そのため、他の服との組み合わせが自由にでき、ボーイッシュやガーリックな印象にもなれるのです。普段着として気軽にミニスカートを着たいのならば、デニム素材などが適しています。カジュアルな雰囲気になれるため、ミニスカートが苦手な人でもこれなら気にせず着こなせます。ミニスカートのウエストは、チャック式やボタン式などがありますが、ゴムのウエストであればお腹周りが気になる場合でも安心です。最近はウエストがゴムのミニスカートも増えてきたので、体型に自信がない人でも楽に履くことができます。最近のファッションは、見た目だけでなく、楽に着れるような機能性も重視されています。ストレスなくファッションを楽しむためにも、そういったミニスカートを探していけば体も心も快適になります。憧れのファッションを追い求める意味でも、いろいろな工夫で自分を演出していけるのがミニスカートの魅力と言えます。

自分のスタイルに合わせる

マネキン

女性の多くは可愛いファッションが好き、という方も多いですが、中でも人気の高いアイテムにミニスカートがあります。ミニスカートの魅力は足の細さを大胆に露出する事で、線の細さを全面的に演出する事が出来る、という点です。ミニスカート選びのポイントは脚が綺麗に見えるかどうか、という事に重点を置いて選んでいくと良いでしょう。ミニスカートと一言で言っても、丈の長さは様々な物を選ぶ事が出来ます。その中で、最も綺麗に見えるミニスカートは膝上5cm前後が良いとされています。また、デザインでも可愛らしい柄やカラーが用意されていますが、選び方によって線が太く見えてしまう事もあるので、比較的シンプルなデザインを選び、カラーは気分が上がるように好きな色を選択されると良いでしょう。大切な事は必ず試着する、という事です。店舗に行き、マネキンに飾られているミニスカートをそのまま購入される方もいますが、実際に着てみたらイメージと違うという事が起こりやすいです。試着を行い、前後左右からと遠目からも確認しましょう。写真を撮っておき、違うミニスカートを試着した際に見比べる事に役立てるのもお勧めです。そして、自分のスタイルに合わせるという事も選ぶ上で大切です。ウエスト周りが少しでも大きい場合はミニスカートが下がってきてしまい、シルエットが悪くなってしまいます。特に背の小さな方は足の長さ、体型に合わせてしっかり選んでいきましょう。

60年代に誕生

洋服

今では当たり前に着用するようになった「ミニスカート」ですが、いつから女性たちは着るようになったのでしょう。ミニスカートの誕生は、1960年代にまで遡ります。世界の流行を発信するロンドンで、誕生したという説が有力です。ロンドンにあるチェルシー地区という地区に、集まる若者たちによってミニスカートは誕生したと考えられています。最先端のファッションを着こなす、チェルシーガールという若い女性たちが、ミニスカートを着用するようになり、そこに注目した有名ファッションブランドが商品化し、世界中に広まっていったのです。日本国内でも1960年代に、ミニスカートが流行し始めました。60年代後半、人気女優や人気歌手、そして海外のモデルがミニスカートを着用したファッションで、テレビや雑誌に登場した事により一気に脚光を浴びたのです。しかし、1970年代に入るとロングスカートがファッションのトレンドとなり、ミニスカートの人気は一旦静まります。ですが、1980年代のバブル期に入ると、またミニスカートの人気は急上昇しました。「マイクロミニ」と言われる、かなり丈の短いスカートが若い女性たちに人気となったのです。その後、1990年代のギャルブームの時などに、ミニスカートがトレンドとなりました。ミニスカートは歴史上、何度も流行を繰り返しているファッションアイテムです。特に景気が良い時に流行するケースが多く、スカート丈と経済が関連付けられて、考えられる事も少なくありません。