通販で気軽に購入

専門店で購入する

夫婦

妊娠が分かったら、少しずつ必要な物をそろえていきましょう。お腹が大きくなってくると、思うように買い物に出られなくなってしまうこともあるからです。特に、マタニティウェアは必要になります。サイズがいつも着ている服では入らなくなってしまうからです。数着は購入しておくと役立ちます。もちろん、マタニティウェアといってもいろいろな種類があります。一昔前は着心地を優先して、ゆったりとしたワンピースが主流でした。ところが、最近は出産ギリギリまで働く女性も多くなってきています。そのため、ワンピースではなく、仕事でも着用できるようなジーンズなどが流行ってきているのです。この場合、お腹周りがゆったりしています。お腹さえ見なければ、普通の格好と同じです。お腹周りも調節できるようなものが多くなってきているので、一着持っておくと出産時まで役立てることができます。このようなマタニティウェアは専門店で購入しましょう。ショッピングモールにも最近はベビー用品などと一緒に専門店が設けられています。もしくは通販で購入するのもいいかもしれません。通販ならじっくりとデザインなどを品定めできるだけではなく、まとめ買いもしやすくなっています。その代わり、試着ができません。着心地を重視するのなら、専門店を訪れて試着をしてみましょう。それから、費用は一般的な衣服よりもマタニティウェアの方が高めです。当然、産後は着用しなくなることもあるので、無駄なく購入しましょう。

機能性や季節を考慮して

お腹

女性の多くが、妊娠するとマタニティウェアを購入しています。というのも、妊娠すると徐々に腹部や乳房が膨らんでいくので、妊娠前に着用していたウェアではきつくなってしまうからです。さらに素材やデザインによっては、通気性や保温性が低いため、母体にも胎児にも悪影響を与えてしまう可能性があります。しかしマタニティウェアなら、前身頃が後ろ身頃よりも長めとなっているため、腹部や乳房の盛り上がりによってきつくなる心配がありません。さらにファッション性よりも安全性や機能性を重視して作られているので、内部が蒸れたり冷えたりすることもありません。加えてストレッチ素材となっていることが多いので、動きが阻害されることなく、着用中にはのびのびと過ごすことができます。ただし妊娠期間は、通常は約9ヶ月となっています。春夏秋冬のうち少なくとも3シーズンを、妊婦として過ごすことになるわけです。したがってマタニティウェアは、季節ごとに買い揃える必要があります。いくら機能面で優れていても、季節に合わないものを着用したのでは、結局体には悪影響となるからです。マタニティウェアの中にはオールシーズンタイプのものもあるので、それを購入することもひとつの手です。さらに、裾をめくり上げたりボタンを外したりすることで、スムーズに腹部を露出させることのできるマタニティウェアを選ぶことも大事です。妊娠中は腹部の肌のこまめなケアが必要となるのですが、こういったマタニティウェアならそれを手軽に行うことができるからです。また、妊婦健診でのエコー検査も受けやすくなります。

再活用できるよう保管する

妊婦

大きくなるお腹に対応するマタニティウェアは、妊娠中の必需品です。しかし、妊娠中や産後など僅かな期間にしか着る事ができない物です。そのため、次の妊娠時に着る事のできるよう、大切に保管しておくと良いです。季節の違いによりマタニティウェアは変わります。しかし、羽織りものやインナーなどで工夫すれば、年中対応する事も可能です。一度着たマタニティウェアも、上手く工夫すれば着回す事ができるのです。そのためには、出産後にマタニティウェアを大切に保管しておく事が大切です。妊娠中にお世話になったマタニティウェアの保管には、衣装ケースが便利です。産後の落ち着いた時に、マタニティウェアや妊娠中に使ったグッズを1つの衣装ケースにまとめて保管します。次の妊娠が分かった時にこの衣装ケースを取り出せば、妊娠期に必要な物がまとめて全て取り出す事ができます。妊娠時にマタニティウェアなどの準備をするのは大変です。衣装ケースを取り出すだけで済むと、体にも負担がありません。また、自分が必要としない時は、衣装ケースのまま欲しい方に譲る事もできます。赤ちゃんは成長に応じて必要な物が出てきます。その度に、お金が掛かります。一度使ったマタニティウェアを大切に保管すれば、余分な出費を防ぐ事ができます。そして、その分のお金を赤ちゃんに使ってあげる事ができます。妊娠期という僅かな時間にしか着ないものだからこそ、大切に保管して再活用できるように準備をしておくと良いです。