スカートの歴史

ミニとトレンド

婦人

男性であれば誰しも女性のセクシーな姿に憧れるのではないでしょうか。ミニスカートはその代表的なスタイルです。ミニスカートの歴史を知っている人は以外にも少ないため紹介していきます。まず、ミニスカートを一番最初に履いたのは、イギリス人です。流行に敏感なロンドンの中心地である地域のチェルシーが発祥と言われています。その後、その流行り地区のストリートファッションをデザインとして形にしたのが、イギリス人有名デザイナーのマリークワントです。そこからクレージュがオートクチュールとして発表したのをきっかけに有名モデルがミニスカートを着こなし世界に広がっていきました。日本には70年代前に入ってきて、マイクロミニという太ももギリギリラインのスカートが大ブレイクしました。後々のディスコやクラブなどバブルを象徴するセクシースタイルとしてミニスカートは確固たる地位を築き上げたのです。かつては女性はおしとやかで品があり、男性についていくものといった社会風潮があり、そんな社会に反発するために生まれたのがミニスカートとも言われています。女性も卑下される事なく主張出来る社会にという背景は今の時代も少なからず残っています。ファッションと社会は密接な繋がりを持っていて、ミニスカートは女性が社会進出するためのツールとしておおいに役立ったと言われています。美しさだけでなく主張するためのものとして歴史を残したミニスカートは今でも愛されつづけています。

失敗のリスクが高い

レディ

現代ではインターネット通販で簡単にものが買えるようになり、衣類も同様にインターネット通販で購入する人も増えています。しかし、衣類は身体に身につけるものであり、実物を見ないで購入するには失敗するリスクが高いものです。このため失敗のリスクを避けるためにはいくつかのポイントを抑える必要があります。インターネット通販で衣類専門店の場合には、出来る限り失敗さえないように情報を出来る限り提供しているところがほとんどです。特に正面からだけでなく背面や側面からの写真があるものが選ぶ時のポイントです。また写真でそのデザインが良くわかっても実際に生地のさわり心地がイメージと違うといったこともあるので、素材も把握することが重要です。またサイズ違いによる不快感もあるので自身のサイズをよく理解していることが重要です。ミニスカートの場合には、腰回りのサイズさえ間違わなければそれほど大きな失敗にはなりませんが、実際に着用してみてミニスカートの丈が思った以上に短いといった場合もあります。このためミニスカートを選ぶえらぶ際には、腰回りからの丈に留意する必要があります。またミニスカートでは脚を綺麗に魅せることが目的ですから、脚の形によってミニスカートの形状に似合う似合わないが出てくるのでそのあたりも研究する必要があります。形状に関してはインターネット通販では豊富な種類が用意されているので、選ぶ選択肢が多いのがメリットです。

女性ならではの格好

ウーマン

年齢を重ねると、ミニスカートは似合わなくなってしまうことがあります。若い女性ならではの特権なので、若い時には思う存分、履いた方がいいかもしれません。というのも、膝周りに肉がついてきたり、シミやくすみなどが気になって思うように脚を出せなくなってしまうからです。特に、20代くらいまではミニスカートを履きこなすことができます。ミニスカートの良いところは動きやすいという点です。また、オシャレなデザインが多くなっています。デート服に選ぶ人も多く、いろいろな用途で使えるところも便利です。どんなタイプでも合わせやすくなっています。もちろん、履く時にはTPOを考えましょう。例えば、会社で履くのはご法度というところもあります。男性の目の保養になるものの、仕事に支障が出てしまうようでは困るからです。また、正装をしなくてはいけないような場所では、もちろん厳禁です。そこで、多くの女性は普段使い用としてミニスカートを購入しています。プライベートタイムに履く人が多いのです。デートはもちろん、同性の友人と買い物に行く時などにも履くことがあります。特に夏はミニスカートを履く人が多くなります。涼しげだからです。ただし、脚のケアには注意しましょう。ストッキングを履く場合には良いのですが、素足の場合にはムダ毛処理などのお手入れが必要です。美脚に気を遣いましょう。脚を見せた方が美脚になるとも言われています。意識的に出した方が、美脚にしよという気持ちが働くからです。